モノレートとは?アマゾンせどりで稼ぐための見方と使い方を解説

未分類

この記事では、せどりの仕入れに必要なツール、モノレートの全体像と、具体的な見方や使い方について詳しく解説をしていきます。

モノレートを使うことで、アマゾンに出品されている商品の売れ行き分析が行えます。

その結果、売れ行きの良い商品だけを仕入れることができるようになります。

売れ行きの良い商品だけを仕入れることで、効率の良い仕入れ資金の運用ができますので、せどりビジネス成功のチャンスが広がります。

 

モノレートは、せどりの仕入れでとても重要なツールなので、必ず使い方を理解して、仕入れに活用してください。

それでは早速解説していきます!

アマゾンせどりで大活躍するモノレートとは?

まず、モノレートとは何か?を説明したいと思います。

モノレートとは、アマゾンに出品されている商品の情報が、細かく分かるサイトのことです。

 

特に以下の情報が一目で分かるようになっているので、仕入れの判断には欠かせないサイトとなっています。

モノレートから分かる仕入れに役立つ商品情報
・商品名や型番などの商品情報
・現在の販売価格
・過去の値段推移
・過去の出品者数
・過去のランキング(売れ行き)
下の画像のように商品情報や、現在のアマゾン価格、出品者の数などが、細かく分かるようになっています。
また、過去の売れ行き、出品者の数、価格の推移がグラフでも表示されているので、仕入れの判断に役立ちます。

このようにモノレートを見れば、現在の商品情報だけではなく、過去の情報まで分かるので、

  • 価格相場はどれぐらいが平均的か?
  • どれぐらいの期間で売れそうか?

など、仕入れの判断に大きく役立てることができるのです。

 

モノレートを使って稼ぐための使い方や見方を徹底解説

モノレートとは何か?ざっくりとした全体像は理解して頂けたかと思います。

それでは具体的にモノレートを使って稼ぐための使い方や見方を解説していきます。

 

モノレートにはさまざまな機能がありますが、すべての機能を使いこなす必要はありません。

稼ぐために重要な機能の使い方や見方だけを覚えればOKです。

最低限覚えてほしい使い方や見方は以下の4つとなります。

・現在の最安値を把握して価格差を把握する
・過去の売れ行きを把握する
・過去の価格変動を把握する
・グラフをまとめた一覧表で細かい判断をする

 

今回は具体的にモノレートの使い方や見方をイメージしてもらうために「MKーK61」フードプロセッサーを例にして解説していきますね。

商品の状態は中古で3230円で仕入れが出来ると思っておいてください。

まず検索窓に調べたい商品の情報を入力して探す

まずモノレートを開いて、検索窓に調べたい商品の情報を入力して探してください。>モノレートはこちら

調べたい商品を見つけるコツは、

  • 商品名
  • 商品の型番
  • JANコード
  • ASINコード

の何れかを入力することで、目的の商品を見つけることができます。

例えば、下の画像の商品の場合、「MKーK61」が型番になるので、こちらで検索してみてください。
【補足】
商品名と型番については説明不要で分かるかと思いますが、ASINコードとJANコードは聞きなれないワードだと思いますので、補足解説しておきます。ASINコードとは、アマゾン独自の管理番号のことです。
JANコードとは、外箱や商品の外装に印字されているバーコードの数字のことです。

ちなみに、お目当ての商品を一番確実に見つけやすい方法はASINコードで検索することです。

ASINコードを使った効率的な商品リサーチ方法はこちらの記事で詳しく解説しているので、良ければ参考にしてください。

自分が出品したいコンディションの現在最安値を把握する

「MKーK61」の商品を見つけたら、次に自分が出品したいコンディションの現在最安値を把握してください。
今回は中古で出品したいので、現在のアマゾン中古最安値は7,979円ということが分かります。
3,240円で仕入れが出来て、アマゾンで7,979円で売れるのなら、しっかり利益が出そうですね。

ただし、価格差があっても、売れなければ全く意味がないので、次に売れ行きをしっかりと確認してください。

 

モノレートで売れ行きを確認する

価格差があることを確認したら、つぎは商品の売れ行きを確認してください。

売れ行きの見方は、モノレートを下までスクロールすると、「ランキング」というグラフが出てきます。

このグラフが、たくさん下に下がっていると、たくさん売れているという見方ができます。

例えば、下の画像の場合、3か月でグラフが2回しか下に下がっていません。要するに3か月で2回しか売れていないということになります。
たくさんグラフが下に下がっているほうが、売れる可能性が高いので、下の画像のように、なるべくグラフがたくさん動いている商品を仕入れましょう。

補足:具体的な販売個数の調べ方を解説

商品の売れ行きを確認する時、モノレートのグラフ波形だけでは、新品、中古がそれぞれいくつ売れたのか残念ながら把握ができません。

しかし、モノレートのある部分を見ることで、新品、中古の売れた数が簡単にわかります。

例えば、「タイガー魔法瓶(TIGER) IH炊飯ジャー 5.5合炊き JKT-W100」という商品の事例で紹介します。
モノレートの赤枠の部分を見ることで、選んだ期間内の販売数を簡単に把握できます。
この商品の場合、6カ月で新品が64個、中古が8個売れたことが分かります。

このように簡単に売れた数を把握することができます。

 

ちなみに、1点だけ気を付けていただきたいことがあります。

新品、中古の販売数ですが、モノレートを見た時点で、出品者がいるコンディションしか表示されませんので、気を付けてください。

例えば、新品の出品者しかいない場合は、中古の販売数はモノレートでは表示されないので、そのように理解しておいてください。

 

過去の価格変動も把握しておく

実は、価格差と売れ行きを確認するだけでは、安心とは言えません。

確実に利益を出して売り切るためには、過去の価格変動も把握しておく必要があります。

何故かと言うと、例えば下の画像のように、今だけ価格が高くなっていて、過去の価格は安いことがあるからです。

このように過去の価格が低いと、また値段が下がる可能性があります。

なので、過去の価格も含め、相場が安定しているか?を確認する必要があるのです。

 

グラフをまとめた一覧表で細かい判断をする

価格差、売れ行き、過去の価格変動、この3つを確認したら、最後にグラフをまとめた一覧表で細かいチェックをしてください。

グラフをまとめた一覧表は、モノレートを一番下までスクロールすると、あります。

なぜ一覧表で細かい部分までチェックするかと言うと、グラフだけでは、新品と中古のどちらが売れているのか?判断をするのが難しいからです。

 

例えば、下の画像のように一覧表で確認すれば、新品と中古のどちらが売れたのか?判断材料になります。

5月6日のランキングが2410位に対して、5月7日はランキングが1816位なので、1位に近づいています。なので売れたと判断ができます。尚且つ中古の出品者数4人から3人に減っているので、中古が売れたと予想ができます。

ランキングが変動したときに、新品と中古のどちらが売れたのか?判断するために最終チェックとして、一覧表を使うと良いでしょう!

 

モノレートの使い方や見方を学ぶための動画講義

モノレートの見方や使い方を深く理解していただくために、解説動画も用意しました。

アマゾンせどりで稼ぐためには、モノレートの見方や使い方を熟知する必要があるので、ぜひ動画でも細かい部分を学んでみてください。

アマゾンせどりで稼ぐためのモノレートの見方と使い方

 

モノレートの使い方や見方まとめ

モノレートにはたくさんの機能がありますが、実際のところは全ての機能を使うわけではありません。

早い話、

  • 価格差があり
  • しっかり売れそうで
  • 相場が安定している商品

この条件を満たした商品を仕入れれば稼げるわけです。

 

なので、せどりで稼ぐためには、モノレートの4つの使い方と見方だけを覚えておけばOKなのです。

モノレートで必ず覚えてほしい使い方と見方
・現在の最安値を把握して価格差を把握する
・過去の売れ行きを把握する
・過去の価格変動を把握する
・グラフをまとめた一覧表で細かい判断をする

あまり難しく考えず、シンプルに大事なことだけを分析していきましょう!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました